東広島の矯正歯科で再治療が必要な失敗例&悪い歯並び・噛み合わせによる影響

歯列矯正は歯科医師がきちんと治療計画を立てて行いますが、中には思っていた結果が得られなかったり、治療がなかなか進まなかったりするケースもあります。東広島のいけがみ小児歯科は、「矯正歯科の治療ってこんなものかな?」で終わらせないために、地域の方々に頼っていただける歯科医療を目指しています。

こちらでは、東広島の矯正歯科で歯列矯正を考えている方に向けて、再治療を必要とする歯列矯正の失敗例とその原因、悪い歯並び・噛み合わせで起こる影響について説明いたします。

再治療を必要とする歯列矯正の失敗例と原因

頬を押さえる女性

希望通りの口元にならなかった

矯正歯科で歯列矯正を始めたにもかかわらず、口元のバランスが崩れてしまった場合は、正中(口の中心)が合っていないのに治療が行われたと考えられます。

また、抜歯しないで進めた、もしくは抜歯する歯を正しく選定しなかったのが原因で、希望通りの口元にならなかった失敗例もあります。

噛み合わせが悪くなってしまった

矯正歯科に通う前まで気になっていた歯並びはきれいに揃ったものの、口元の突出感が強くなって噛み合わせが悪くなる失敗例です。原因は、適切な噛み合わせの治療をせず、無理に前歯の並びだけを調整した治療方法が考えられます。特に前歯が大きい場合、歯並びだけを整えようとしても、思った結果は得られません。歯同士が押し合って前へ出てきてしまいます。この場合、再治療をしなければ前歯では食べ物を噛み切れず、奥歯だけに負担がかかってしまいます。

何年経っても歯並びが改善されない

矯正歯科で歯列矯正を始めてから数年経っても、出っ歯などの不正咬合が改善されない場合、原因は歯科医師が立てた治療計画が不十分だったと考えられます。歯が骨と癒着していると、いくら歯列矯正をしてもほとんど動きません。そのため、歯が動いていないことに気付かないまま、治療期間が終わってしまったと考えられます。

徐々に元の不正咬合に戻った

歯列矯正自体は成功したけれど、徐々に元の歯並びに戻ってしまうのは、適切な後戻り対策ができていなかったと考えられます。そもそも矯正装置を使って動かした歯は、装置を外すと元の位置に戻ろうとしますので、本人がリテーナー(保定装置)をうまく使えなかったのが原因だと考えられます。

悪い歯並び・噛み合わせで起こる影響

  • 歯の隙間から空気が漏れて発音がしづらい
  • 笑ったときの見た目が損なわれてしまう
  • 食べ物をよく噛めないので胃に負担がかかる
  • 凹凸の強さから磨き残しが増える
  • 全身のバランスが崩れる

上記の影響からわかるように、悪い歯並び・噛み合わせには一つもよいことがありません。東広島の矯正歯科でお子さんの矯正の再治療を検討する親御さん、または矯正歯科で歯列矯正を受けたいとお考えの方は、いけがみ小児歯科にご相談ください。

※歯列矯正は保険適用外の自由診療です。

東広島の矯正歯科で歯列矯正を考えている方へ

歯並びで悩む女性

東広島の矯正歯科で歯列矯正を考えている方に向けて、再治療を必要とする歯列矯正の失敗例と原因、悪い歯並び・噛み合わせで起こる影響について説明いたしました。

東広島にあるいけがみ小児歯科では、矯正終了後の再治療であれば、開始5年以内に限り再計画・再スキャンは無料です。歯列矯正の再治療も保険適用外の自由診療ですので、詳しくはいけがみ小児歯科までお問い合わせください。

◇ 東広島の矯正歯科で歯列矯正を受けたいとお考えならいけがみ小児歯科へ

医院名 医療法人社団asuiro会 いけがみ小児歯科
住所 〒739-0041 広島県東広島市西条町寺家6537-11
access_map
TEL 082-490-5489
FAX 082-490-3603
診療科目 小児歯科/矯正歯科/小児口腔外科
院内設備
  • キッズスペースあり
  • カウンセリング室 2室完備
所有する機器 iTero レーザー、デジタルレントゲン、笑気吸入装置(4台)
対応している支払い方法
  • 現金
  • クレジットカード(American Express、ダイナーズクラブ、JCB、MasterCard、Visa)
  • PayPay
  • アプラスデンタルローン
診療時間
09:00~12:30
14:30~18:30

△:8:30~12:00/13:30~17:30

  • 休診日:水曜日・日曜日・祝日 ※祝日のある週の水曜日は診療
  • 質の高い歯科医療を維持するため、完全予約制としております。受診の際は、あらかじめ電話にて予約をお取りいただきますよう、お願いいたします。
URL https://ikegami-kd-invisalign.com
PAGE TOP