【広島】インビザラインとは?広島で歯列矯正・再治療の相談ならいけがみ小児歯科

「歯列矯正って見た目が気になるけれど、インビザラインなら受けてみようかな」「広島で歯列矯正の再治療を相談したい」と考えている方、いけがみ小児歯科は薬機法対象外の矯正装置インビザラインでの矯正治療に対応しています。

こちらでは、広島で歯並びを整えたいと考える方や再治療の相談をしたい方に向けて、歯列矯正に用いるインビザラインの説明と、インビザラインのメリット・デメリットをお伝えいたします。

歯列矯正に用いるインビザラインとは

机に置かれた二つのマウスピース

インビザラインとは、アメリカのアライン・テクノロジー社が作製するマウスピース型カスタムメイド矯正装置(薬機法対象外)です。取り外し可能な矯正装置を治療の段階に合わせて新しい装置に交換しながら、徐々に歯を動かし歯列を整えます。

インビザラインは、歯に固定させるブラケットやワイヤーを使わない透明に近い審美的な素材で作製されているため、歯列矯正期間中も目立ちません。

マウスピース型矯正装置の中で歯は滑らないの?

インビザラインによる矯正治療では、歯にアタッチメント(白い突起)を接着してから進めるため、矯正装置の中で歯が滑らないように工夫されています。アタッチメントの素材は、歯の詰め物をする際に使用されるのと同じコンポジットレジンです。

※歯列矯正は保険適用外の自由診療です。

インビザラインのメリット・デメリット

インビザラインのメリット

  • 歯型の採取は最初の1回だけ
  • ほぼ透明だから目立ちにくい
  • 取り外しが可能だから衛生的
  • 歯の移動を画像と動画で確認できる
  • 通院回数が少ない(治療内容による)
  • 後戻りの再治療にも向いている

インビザラインのデメリット

  • 22時間装着しないと効果が出ない
  • 本人次第で治療計画が左右される
  • 動かすのに苦手なタイプの歯がある
  • 抜歯が必要な矯正治療は時間がかかる

広島でインビザラインによる再治療の相談もいけがみ小児歯科へ

歯科衛生士のカウンセリングを受ける女性

広島で歯並びを整えたいと考える方や再治療の相談をしたい方に向けて、歯列矯正に用いるインビザラインの説明と、インビザラインのメリット・デメリットについてお伝えいたしました。

小さい力で移動予定の歯だけを動かすインビザラインは、痛みや違和感が少ないと言われています。広島でインビザラインによる歯列矯正をお考えでしたら、東広島のいけがみ小児歯科へご相談ください。再治療を検討している方からのご相談もお待ちしています。

◇ 広島でインビザラインでの歯列矯正をするならいけがみ小児歯科へ

医院名 医療法人社団asuiro会 いけがみ小児歯科
住所 〒739-0041 広島県東広島市西条町寺家6537-11
access_map
TEL 082-490-5489
FAX 082-490-3603
診療科目 小児歯科/矯正歯科/小児口腔外科
院内設備
  • キッズスペースあり
  • カウンセリング室 2室完備
所有する機器 iTero レーザー、デジタルレントゲン、笑気吸入装置(4台)
対応している支払い方法
  • 現金
  • クレジットカード(American Express、ダイナーズクラブ、JCB、MasterCard、Visa)
  • PayPay
  • アプラスデンタルローン
診療時間
09:00~12:30
14:30~18:30

△:8:30~12:00/13:30~17:30

  • 休診日:水曜日・日曜日・祝日 ※祝日のある週の水曜日は診療
  • 質の高い歯科医療を維持するため、完全予約制としております。受診の際は、あらかじめ電話にて予約をお取りいただきますよう、お願いいたします。
URL https://ikegami-kd-invisalign.com
PAGE TOP