【東広島】小児矯正の一期治療と二期治療とは?目立たない透明な矯正装置ならいけがみ小児歯科

東広島の小学校の歯科検診でお子さんの歯並びを指摘され、お子さんに小児矯正を受けさせるべきか迷っていませんか?歯並びの悪さは親御さんだけでなく、お子さんにとっても「歯並びの悪さが目立たないか心配…」と、不安になる子も少なくありません。ただ、小児矯正には一期治療と二期治療があり、治療方法が二段階に分かれています。

そこで、東広島で小児矯正に対応しているいけがみ小児歯科が、小児矯正の一期治療と二期治療について説明いたします。

小児矯正の一期治療とは?

クエスチョンマークを浮かべる女性

小児矯正の一期治療とは、乳歯から永久歯へと生える前の段階で、前歯の咬合、永久歯が生えるスペースのバランスを整える矯正治療のことです。生え変わりの時期に行うため「予防矯正」とも呼ばれ、まだ顎の発育が期待できる成長期のお子さんを対象にしています。

一期治療の目的

小児矯正の一期治療では、顎の間隔を広げたり顎の成長をコントロールしたり、永久歯に生え変わってからも治療がしやすい土台づくりを目的としています。成長期にしかできない矯正治療ですので、二期治療に進んでも抜歯しないで済むように、東広島の小児歯科医は一期治療の重要性をお伝えしています。

小児矯正の二期治療とは?

口を大きく開ける子供

小児矯正の二期治療とは、永久歯が生え揃う小学校高学年・中学生位から、本格的に歯を動かしていくために行う歯列矯正のことです。大人の歯列矯正と同じ方法で歯列を矯正するため、本格矯正とも呼ばれています。

一期治療で土台づくりがきちんとできていれば、抜歯しない簡単な歯列矯正で済みます。

二期治療の目的

小児矯正の二期治療では、咬合を深くしたり歯の凹凸を整えたり、歯列の細かい調整を目的としています。一期治療の後、顎の成長が止まった頃にブラケットなどの矯正装置を使うのが特徴です。目立たない透明な矯正装置インビザラインも、二期治療からとなります。

東広島で小児矯正が必要な子供の歯並びに目立たない透明な装置で対応

小児矯正の重要性をお伝えするために、小児矯正の一期治療と二期治療について説明いたしました。特に、上の前歯が強く前に突き出る、もしくは上顎全体が前方に傾いている歯列(いわゆる出っ歯)は、子供の悪い歯並びの代表パターンです。子供の健全な成長を守るためにも、東広島の小児歯科医として小児矯正をおすすめします。

東広島のいけがみ小児歯科では、目立たない透明な矯正装置インビザラインファーストを用いて、一期治療から細かな歯並びの調整に対応できます。お気軽にご相談ください。

※歯列矯正は保険適用外の自由診療です。

◇ 東広島で小児矯正をお考えならいけがみ小児歯科へ

医院名 医療法人社団asuiro会 いけがみ小児歯科
住所 〒739-0041 広島県東広島市西条町寺家6537-11
access_map
TEL 082-490-5489
FAX 082-490-3603
診療科目 小児歯科/矯正歯科/小児口腔外科
院内設備
  • キッズスペースあり
  • カウンセリング室 2室完備
所有する機器 iTero レーザー、デジタルレントゲン、笑気吸入装置(4台)
対応している支払い方法
  • 現金
  • クレジットカード(American Express、ダイナーズクラブ、JCB、MasterCard、Visa)
  • PayPay
  • アプラスデンタルローン
診療時間
09:00~12:30
14:30~18:30

△:8:30~12:00/13:30~17:30

  • 休診日:水曜日・日曜日・祝日 ※祝日のある週の水曜日は診療
  • 質の高い歯科医療を維持するため、完全予約制としております。受診の際は、あらかじめ電話にて予約をお取りいただきますよう、お願いいたします。
URL https://ikegami-kd-invisalign.com
PAGE TOP